TEL
MENU

スポーツ障害 | さいたま市・見沼区・岩槻区・大宮区 かとう接骨院

スポーツ傷害

スポーツ障害とは

スポーツ傷害は、大きくはスポーツ外傷とスポーツ障害に分けられます。

外傷
捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折等、一度に強い外力が加わることにより生じるものを指します。
 
障害
特定の部位に繰り返し外力が加わり、組織を損傷するもので、テニス肘、野球肩、ランナー膝等と呼ばれているものがこれにあたります。
 

スポーツ障害の主な部位と種類

野球肩、リトルリーガーズショルダー、SLAP、インピンジメント等
野球肘(内側上顆炎)、テニス肘(外側上顆炎)、断性骨軟骨炎、滑液包炎等
腰椎分離症、梨状筋症候群、腰椎椎間板ヘルニア等
ジャンパー膝、ランナー膝、オスグッド・シュラッター病、タナ障害、腸脛靭帯炎、分裂膝蓋骨等
シンスプリント、アキレス腱炎等、足底筋膜炎、踵骨骨端症等、外脛骨障害、腓骨筋腱炎、疲労骨折

競技別に探せる!スポーツ障害事例集

野球
  • リトルリーガーズショルダー
  • SLAP
  • インピンジメント
  • 野球肘(内側上顆炎)
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 分離症
  • シンスプリント

サッカー
  • グロウインペイン
  • 恥骨炎
  • オスグッド
  • 膝の離断性骨軟骨炎
  • シンスプリント
  • フットボールアンクル
  • 疲労骨折
  • 外脛骨障害
 

バスケットボール
  • ジャンパー膝
  • オスグッド
  • 鵞足炎
  • シンスプリント
  • 足底筋膜炎
  • 種子骨障害

 

バレーボール
  • インピンジメント
  • ジャンパー膝
  • オスグッド
  • 鵞足炎
  • 腸脛靭帯炎
  • シンスプリント
  • 足底筋膜炎

ソフトボール
  • リトルリーガーズショルダー
  • SLAP
  • インピンジメント
  • 野球肘(内側上顆炎)
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 分離症
  • すべり症
  • シンスプリント
 

陸上
  • 恥骨炎
  • ランナー膝
  • ジャンパー膝
  • タナ障害
  • シンスプリント
  • 外脛骨障害
  • 足底筋膜炎
 

 

テニス
  • インピンジメント
  • テニス肘(内側上顆炎)
  • シンスプリント
 

バドミントン
  • 肩の障害
  • テニス肘(内側上顆炎)
  • 右足のオスグット
 

剣道
  • 肩の障害
  • 腰の障害
  • 膝の障害
  • アキレス腱
 

 

スポーツ障害について

関節に可動制限がある場合はその関節を矯正することで、治癒期間の短縮が期待できます。
例えばテニス肘の場合、肘だけを診るのではなく手や指の関節の動きを回復させることで、より短期間に治癒することが多いです。

人の体は一見痛む部分だけが悪いように思われがちですが、関節、筋肉等、いろいろな部分でつながりがあり、連動して働いているのです。

スポーツ障害で最も大事なのは限界を見分けられる診断力だと考えています。

練習を休めばほとんどが治ります。

しかし毎日の練習で筋肉や骨にストレスをかける事で人の身体は強くなるのです。

その子の身体にとって、もっと練習を頑張った方が良いのか?
これ以上無理をさせると壊れてしまうのか?
そのラインを見分けることが非常に大事だと思います。

当院では、アスリートケアの経験を活かし様々なスポーツ障害(野球肘・ランナー膝・シンスプリント等々)に対応しておりますので、お困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

スポーツ外傷の対処法

スポーツ障害とは

スポーツ外傷を生じた場合、症状にもよりますが、基本的にはRICE処置を施します。RICEとは休息(Rest)冷却(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)の略です。

 

安静(Rest)

ケガをした直後より体の中では修復作業が開始されるのですが、運動を中止せず続けることでそのタイミングを逃し、治るのを遅くしてしまうケースがあります。
まずは運動を中止し安静にすることが大切です。

冷却(Ice)

患部を氷嚢などで冷やすことで血管を収縮させて出血を抑え、代謝レベルを下げることで酸素や栄養素を必要としている他の元気な細胞を守ります。

圧迫(Compression)

料理をしているときに包丁で指を切って出血した場合皆さん患部を直接圧迫して止血しますよね。
それと同じように圧迫することで内出血を抑えることが出来ます。
外に出る出血のようにピンポイントで完全に止めることは難しいので圧迫する強さは加減し、包帯などで動かないように固定しましょう。

挙上(Elevation)

患部を心臓より高く上げることにより血流を制限し内出血を抑えます。

当院へのアクセス

かとう接骨院

所在地〒337-0015 埼玉県さいたま市見沼区蓮沼552-19
電話番号048-684-7397
駐車場6台あり
予約通常は特に必要ございません。
交通事故で診療時間外に施術をご希望の患者様、お子様をスタッフに預けたい患者様、巻き爪ケアをご希望される場合は予約をお願い致します。
休診日日曜・祝日休診
院長加藤 賢二