TEL
MENU

四十肩 | さいたま市・見沼区・岩槻区・大宮区 かとう接骨院

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩とは

腕が上がらない、夜寝返りを打つと痛くて目が覚めてしまう。
このような症状で困っていませんか?
四十肩・五十肩と呼ばれていますが、正しくは「肩関節周囲炎」といいます。
簡単に説明すると肩を動かす筋肉が炎症を起こし縮まっている状態です。

「四十肩・五十肩」と「肩こり」の違い

「四十肩・五十肩」と「肩こり」は、共に同じ肩周辺に起こる症状ですが、肩こりの多くが「筋肉の血行不良」によって引き起こされるものに対し、四十肩・五十肩は、肩の関節周囲の靱帯・筋・腱・関節包などに炎症を起こし、関節の動きを悪くしてしまうものと言われています。また、痛みや炎症は、周囲の筋肉をかたくしスムーズな動作を阻みます。さらにこれが痛みを増強させ、より動かしにくくなるといいう、悪循環が繰り返されるのです。

四十肩・五十肩の「急性期」と「慢性期」の治療に関する対処の基本

「急性期」

関節に起きている炎症が強く、痛みも非常に強い。また、運動制限も強い

→ 安静

「慢性期」

炎症もおさまりだし、急性期の激しい痛みから、鈍い痛みに変わる。運動制限は無理に動かすと痛む。

→ 患部を温める(患部を冷やさない)

→ 運動療法

→ マッサージ

かとう接骨院では症状を確認し、硬くなった筋肉のマッサージやストレッチをして軟らかくしていきます。動く範囲を徐々に大きくすることで日常生活の痛みが取れていきます。

当院へのアクセス

かとう接骨院

所在地〒337-0015 埼玉県さいたま市見沼区蓮沼552-19
電話番号048-684-7397
駐車場6台あり
予約通常は特に必要ございません。
交通事故で診療時間外に施術をご希望の患者様、お子様をスタッフに預けたい患者様、巻き爪ケアをご希望される場合は予約をお願い致します。
休診日日曜・祝日休診
院長加藤 賢二